卓球ビデオ判定遂に導入 誤審に泣いた伊藤・早田組が契機

公開日: 更新日:

 もっと早く導入するべきだった。

 国際卓球連盟(ITTF)は10日、12日に開幕するワールドツアー・グランドファイナルでビデオ判定を導入すると発表した。選手が要求できるのは1試合2回。成功すれば回数は減らない。判定対象は、球が台の端に当たったか否か、サービスがネットに触れたかなど。今大会で問題がなければ、来年の東京五輪でも導入されることになるはずだ。ビデオ判定により誤審は大幅に減ることになる。

 誤審といえば、今年4月の世界卓球の女子ダブルス決勝を思い出す。伊藤美誠早田ひなペア(日本)と孫穎莎、王曼イクペア(中国)が対戦し、最終第5ゲームの9-9の場面で、早田のサーブに中国選手がレシーブミス、サービスエースかと思われた。

 ところが、審判はネットにかすったと見て「ネット」の判定。伊藤が何度も「ビデオを見てください」と言っても審判は聞く耳を持たなかった。会場の大型スクリーンにはネットに当たらず相手コートに球が入るスローモーションの映像が流れ、観客からはブーイングが出た。明らかな誤審でリズムを崩した日本ペアは流れを引き戻せず、銀メダルに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る