卓球ビデオ判定遂に導入 誤審に泣いた伊藤・早田組が契機

公開日: 更新日:

 もっと早く導入するべきだった。

 国際卓球連盟(ITTF)は10日、12日に開幕するワールドツアー・グランドファイナルでビデオ判定を導入すると発表した。選手が要求できるのは1試合2回。成功すれば回数は減らない。判定対象は、球が台の端に当たったか否か、サービスがネットに触れたかなど。今大会で問題がなければ、来年の東京五輪でも導入されることになるはずだ。ビデオ判定により誤審は大幅に減ることになる。

 誤審といえば、今年4月の世界卓球の女子ダブルス決勝を思い出す。伊藤美誠早田ひなペア(日本)と孫穎莎、王曼イクペア(中国)が対戦し、最終第5ゲームの9-9の場面で、早田のサーブに中国選手がレシーブミス、サービスエースかと思われた。

 ところが、審判はネットにかすったと見て「ネット」の判定。伊藤が何度も「ビデオを見てください」と言っても審判は聞く耳を持たなかった。会場の大型スクリーンにはネットに当たらず相手コートに球が入るスローモーションの映像が流れ、観客からはブーイングが出た。明らかな誤審でリズムを崩した日本ペアは流れを引き戻せず、銀メダルに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  4. 4

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  5. 5

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  6. 6

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  7. 7

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  8. 8

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  9. 9

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  10. 10

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る