安彦考真
著者のコラム一覧
安彦考真

1978年生まれ。神奈川県出身。43歳。身長175センチ、体重74キロ。2018年に練習生を経て「年俸ほぼ0円」でJ2水戸と40歳でプロ契約。19年にJ3のYS横浜に「年俸120円」で移籍。同年開幕戦に41歳1カ月9日で途中出場。ジーコのJ最年長初出場記録を更新した。20年限りで引退。「おっさんJリーガーが年俸120円でも最高に幸福なわけ」(小学館)が発売中。オンラインサロン「Team ABIKO」も開設した。

2010年W杯 南アフリカの地で違和感を拭い切れなかった

公開日: 更新日:

 安彦考真は2006年に元日本代表MFの北沢豪氏(日本サッカー協会理事)の個人マネジャーとなり、JICAの仕事でアフリカや東南アジアを巡ったり、サッカースクール発足に関与したり、多忙を極めた7年間だったが、あくまで自身は黒子に過ぎないことを痛感させられた出来事が……。

 ◇  ◇  ◇

 岡田武史監督(FC今治代表)率いる日本代表が、16強入りをつかんだ2010年南アフリカW杯。北沢氏がテレビ解説を務めた関係で現地に帯同した。

「ある有名アーティストが観戦に訪れ、『北沢さんに挨拶したいのでハーフタイムにVIPルームまで来ていただけないか』と事務所の社長から打診を受けました。でも、解説業務はなかなか多忙で約束できない。そこで『僕らが先に伺って一緒に見ることもできますよ』と声をかけたら、『いいです』と一蹴されました(苦笑い)。あくまでお目当ては北沢さん。それは当たり前だし、分かっていたはずなのに『俺って何してるんだろう』と思ってしまいましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  3. 3

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  6. 6

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  7. 7

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  8. 8

    安倍政権からの政治劣化が招いた不真面目ほど得をする社会

  9. 9

    “汚染水”処理で頼みの綱ALPSは8年間「試験運転」のまま!

  10. 10

    “大阪級”コロナ感染爆発で全国新規1日1万5000人の衝撃試算

もっと見る