元プロレスラー谷津嘉章さん 東京五輪聖火ランナーの決意

公開日: 更新日:

谷津嘉章さん(元プロレスラー・64歳)

 1980年に新日本プロレスでデビューし、全日本、ジャパン、SWS、SPWFなどさまざまなプロレス団体、そして総合格闘技のリングで活躍。だが、2年前の6月、糖尿病を遠因とする壊死のため右足の膝下を切断した。今回登場の谷津嘉章さん(64)だ。昨年は東京五輪の聖火ランナーに選ばれたものの、延期のため走ることはかなわなかった。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

 2月4日、東京・後楽園ホールで開催された故・ジャイアント馬場さんの「23回忌追善興行」。追悼セレモニーの際、リングを取り囲むように並んだゆかりの元レスラーたちの中に谷津さんの姿があった。

「俺、デビューは新日本だけど、全日本リングの期間が何倍も長いだろ。長州(力)さん、亡くなられた(ジャンボ)鶴田さんとはタッグを組んで、インターナショナル・タッグや世界タッグの王座に何回も就いてるし、馬場さんには本当にお世話になったんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る