大相撲初場所Vでも貴景勝の来場所綱とりに慎重論…「大関2人以上」維持へ協会が“禁じ手”も

公開日: 更新日:

「大関という地位は勝たなきゃいけない地位。そういう意味ではつらいときもあったけど、誰でも大関になれるわけじゃない。重圧を感謝に変えて、この2年間頑張ってきました」

 優勝インタビューでこう答えたのが、大関貴景勝(26)だ。

 2020年11月場所以来、3度目の優勝。先場所は巴戦に敗れたものの、12勝3敗の優勝同点だった。横綱の昇進基準は「2場所連続V、あるいはそれに準ずる成績」だが、内容が悪ければその限りじゃない。貴景勝は一応、基準を満たしてはいるものの、横綱不在で3敗した時点で、今場所の綱とりは消滅したといっていいだろう。

 来場所は貴景勝の地元で行われる大阪場所。今場所の昇進はかなわずとも、地元昇進に向けて綱とり機運は高まっている――わけでもなさそうだ。

 八角理事長(元横綱北勝海)は「ひとりで(協会の)看板を背負って頑張った」と褒めたたえる一方、来場所の綱とりについては「まだ何とも言えない」と、言葉を濁した。

 そういえば、貴景勝は相撲協会のクーデターを企んだ元貴乃花親方の弟子だ。八角理事長が来場所の綱とりに太鼓判を押さなかった背景には、まさか、そんな事情もあるのか。

 古株の親方は「親の因果が子に報い、じゃあるまいし……それはあるわけない」とこう続ける。

「優勝したが、今場所もレベルが高かったわけじゃない。来場所綱とりといっても、求められるのは全勝か、せいぜい1敗まで。そもそも角界には『貴景勝は横綱にならない方がいい』という声も少なくない。突き押し専門なので、調子の良し悪しがモロに出てしまう。今場所はひとり大関の責任感からか、連日気迫の流血相撲。あれでは体ももたない。下手に昇進してしまえば、それこそ短命横綱で終わりかねないからね。この日は珍しく自分から左を差してすくい投げで勝ったように、四つ相撲への対策も学んでいるようだが……」

 平幕連続Vを「3」で止める大関としての頑張りは評価されても、すんなり昇進というわけにはいかないようなのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで