大相撲初場所Vでも貴景勝の来場所綱とりに慎重論…「大関2人以上」維持へ協会が“禁じ手”も

公開日: 更新日:

「大関という地位は勝たなきゃいけない地位。そういう意味ではつらいときもあったけど、誰でも大関になれるわけじゃない。重圧を感謝に変えて、この2年間頑張ってきました」

 優勝インタビューでこう答えたのが、大関貴景勝(26)だ。

 2020年11月場所以来、3度目の優勝。先場所は巴戦に敗れたものの、12勝3敗の優勝同点だった。横綱の昇進基準は「2場所連続V、あるいはそれに準ずる成績」だが、内容が悪ければその限りじゃない。貴景勝は一応、基準を満たしてはいるものの、横綱不在で3敗した時点で、今場所の綱とりは消滅したといっていいだろう。

 来場所は貴景勝の地元で行われる大阪場所。今場所の昇進はかなわずとも、地元昇進に向けて綱とり機運は高まっている――わけでもなさそうだ。

 八角理事長(元横綱北勝海)は「ひとりで(協会の)看板を背負って頑張った」と褒めたたえる一方、来場所の綱とりについては「まだ何とも言えない」と、言葉を濁した。

 そういえば、貴景勝は相撲協会のクーデターを企んだ元貴乃花親方の弟子だ。八角理事長が来場所の綱とりに太鼓判を押さなかった背景には、まさか、そんな事情もあるのか。

 古株の親方は「親の因果が子に報い、じゃあるまいし……それはあるわけない」とこう続ける。

「優勝したが、今場所もレベルが高かったわけじゃない。来場所綱とりといっても、求められるのは全勝か、せいぜい1敗まで。そもそも角界には『貴景勝は横綱にならない方がいい』という声も少なくない。突き押し専門なので、調子の良し悪しがモロに出てしまう。今場所はひとり大関の責任感からか、連日気迫の流血相撲。あれでは体ももたない。下手に昇進してしまえば、それこそ短命横綱で終わりかねないからね。この日は珍しく自分から左を差してすくい投げで勝ったように、四つ相撲への対策も学んでいるようだが……」

 平幕連続Vを「3」で止める大関としての頑張りは評価されても、すんなり昇進というわけにはいかないようなのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」