バドミントン 女子Dだけでメダル2個の可能性 最右翼はスピードの「シダマツ」、長身の「ナガマツ」ペア

公開日: 更新日:

【女子ダブルス、女子シングルス編】

 前回2021年の東京五輪は「史上最強布陣」で臨み、男女とも全種目でのメダル獲得を目指しながら、混合ダブルスの渡辺、東野組の銅メダル1個と期待を裏切った。

 日本代表を率いて5大会目となる朴柱奉ヘッドコーチ(59)は、代表メンバーが出場するシンガポールオープン、インドネシアオープンで結果を残して世界ランキングを上げ「しっかりシード権をもらって有利に試合ができるようにしたい。東京五輪のリベンジができるように」と、雪辱を期す。

 スポーツライターの平野貴也氏に、バドミントンの行方を占ってもらった。

  ◇  ◇  ◇

■女子ダブルス

 男女合わせて全5種目で代表を派遣する今回のメンバーのうち、最もメダル獲得を有力視されているのが、女子ダブルス世界ランキング4位の志田千陽(27)、松山奈未(25)の「シダマツ」ペアだ。

 今年3月には伝統の全英オープンで準優勝。決勝で同2位の白荷娜、李紹希組に敗れたものの、ファイナルゲームに持ち込む粘りを見せ、格上ペアをてこずらせた。

「ディフェンスの強いタイプが多い日本の女子ダブルスにあって、シダマツにはスピードがあり、速い打ち合いでも勝負できるペアです。最近は前衛の松山が後衛もこなすようになり、攻撃のバリエーションも増えてきた。今、一番勢いのあるペアと言ってもいい。実力は世界1位の陳清晨、賈一凡(中国)ペアに近づいており、この中国ペアが現状、もっとも対戦したくない相手ではないか」

 東京五輪5位で、世界ランク7位の永原和可那(28)、松本麻佑(28)の「ナガマツ」ペアも上位進出をうかがう。

「永原(170センチ)、松本(177センチ)とも長身を生かした攻撃が武器。日本が1種目で2個のメダルを獲得する可能性があるとすれば、この女子ダブルスでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方