青沼陽一郎
著者のコラム一覧
青沼陽一郎

作家・ジャーナリスト。1968年、長野県生まれ。犯罪事件、社会事象などをテーマに、精力的にルポルタージュ作品を発表。著書に「食料植民地ニッポン」「オウム裁判傍笑記」「私が見た21の死刑判決」など。

「マイノリティーに転落」の白人の恐怖が勝因

公開日: 更新日:

「さらば白人国家アメリカ」町山智浩著 講談社 1400円+税

 トランプ・ショックはいまだ冷めやらぬが、なぜ、あんな男が大統領になれたのか。それを端的に言い尽くしている文章がこの本の中にある。

〈白人の人口は減り続けている。1980年に人口の8割を占めた白人は、現在は62%に過ぎない。わずか27年後の2043年には白人が全人口の半分を切りマイノリティーに転落する。その恐怖が人種差別的なトランプへの支持につながっている〉

「メーク・アメリカ・グレート・アゲイン(アメリカを再び偉大に)」は、トランプの選挙スローガンだったが、この言葉は白人にしか響かない。移民政策で大きくなった米国は、白人の出生率が低下し、代わって黒人やヒスパニックの人口が増加していく。白人ブルーカラー(労働者)にとっては、彼らの仕事を奪い、また彼らの国を侵略する存在に映る。

 そこに追い打ちをかけるのが、「エスタブリッシュメント(主流派・既得権益者)」に対する抵抗だ。共和党は新自由主義、自由貿易を推進してきた。だが、潤うのは米国の巨大企業ばかりで、彼らの本来の仕事は、市場に出回る安価な中国や日本の輸入製品に取って代わられる。そこに企業献金の枠にとらわれない大富豪のトランプが現れ、既得権益を激しく攻撃し、「国境に壁をつくる!」「TPPから離脱する!」と叫ぶ。

 同じ白人でも、オバマ政権を継承するクリントンより、トランプが「サイレント・マジョリティー(物言わぬ多数派)」と呼んだ彼らは、“変化”を求めたのだ。

 本著は、米国在住のコラムニストが、前回の大統領選挙直後から、定期的に寄稿していた文章を時系列に沿ってまとめたものだ。いかに共和党が大企業の大型献金によって骨抜きにされ、瓦解し、メディアを含めた保守主義が暴走していくか、そしてトランプがなぜ台頭してきたのか、その経緯が丁寧に読み解かれている。残念ながら、今年の選挙の直前に出版されたものなので、トランプ勝利の結果と分析は記されていないが、表題にあるようにやがて米国が白人国家でなくなる、その直前になりふりを構っていられない白人ブルーカラーの空騒ぎが、この選挙結果につながっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る