故郷を追われた中東の秘教の今

公開日: 更新日:

「失われた宗教を生きる人々」ジェラード・ラッセル著、臼井美子訳 亜紀書房/3700円+税

 先日、IS(イスラム国)の最大拠点のモスルが陥落したと報じられた。モスル周辺はヤズィード教というゾロアスター教以前のイラン系多神教の末裔である宗教を信仰している人々の居住地域であった。

 ヤズィード教はイスラムでは悪魔とされているクジャクの天使マラク・ターウースを信仰していることから、イスラム教徒から「悪魔崇拝教徒」とされて、その昔から激しい迫害を受けていたが、ISもまた彼らを虐げ、故地から追放した。

 ヤズィード教は輪廻転生を信じ、カースト制度を維持し、レタスを食べることを禁じるなど、独自の信仰を貫いてきたのだが、その実態はほとんど知られていない。中東=イスラムと思いがちだが、この地には古来さまざまな宗教が存在し、その宗教地図は複雑なモザイク模様を形成していた。

 本書では、ヤズィード教の他、グノーシス教の名残であるマンダ教、ササン朝ペルシャの国教だったゾロアスター教、イスラムの少数派のドゥルーズ派、ユダヤ人の一派のサマリア人、東方教会の一部であるコプト教、インド・イラン共通時代の原始宗教を伝えるカラーシャ族という7つの宗教・宗派を紹介している。著者は英国と国連の元外交官を務め、アラビア語とペルシャ語が堪能。IS支配地域も含めて現地に足を運び、彼らの生の声を記した貴重な記録だ。

 中東の政治情勢は、彼らの多くを故郷から追いやり、新たに南米や米国などの異国の地で信仰を維持している。とはいえ、環境の変化は信仰の変容を促し、その存続は風前のともしびといっていい。一つの宗教が消えることは一つの歴史と文化が消えることで、取り返しがつかない。それに抗するには、その小さな宗教のたどってきた歴史と現状の姿を「知る」ことが何よりも大事なのだと、この本は教えてくれる。 〈狸〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る

人気キーワード