• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ネバーホーム」レアード・ハント著 柴田元幸訳

 インディアナの農場で暮らしていたコンスタンスは、南北戦争が始まったとき、アッシュと名を変えて夫のバーソロミューの代わりに北軍に入隊した。夫は体が弱くて目も悪いが、彼女は生まれてこの方、病気知らずで、50メートル先のウサギの耳を撃てたからだ。彼女より銃がうまい兵士はひとにぎりしかいなかったが、目立たないように時々は撃ち損なったほうがいいと夫は手紙に書いてきた。

 初めて人を撃ったとき、死んだ男の頭を抱えてやりたかったが、そういう気持ちを殺さなくてはいけないと思った。女だとばれて除隊させられ、故郷に戻った彼女を待ち受けていたのは……。南北戦争を背景にした長編小説。(朝日新聞出版 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る