「ネバーホーム」レアード・ハント著 柴田元幸訳

公開日:  更新日:

 インディアナの農場で暮らしていたコンスタンスは、南北戦争が始まったとき、アッシュと名を変えて夫のバーソロミューの代わりに北軍に入隊した。夫は体が弱くて目も悪いが、彼女は生まれてこの方、病気知らずで、50メートル先のウサギの耳を撃てたからだ。彼女より銃がうまい兵士はひとにぎりしかいなかったが、目立たないように時々は撃ち損なったほうがいいと夫は手紙に書いてきた。

 初めて人を撃ったとき、死んだ男の頭を抱えてやりたかったが、そういう気持ちを殺さなくてはいけないと思った。女だとばれて除隊させられ、故郷に戻った彼女を待ち受けていたのは……。南北戦争を背景にした長編小説。(朝日新聞出版 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る