「高学歴モンスター」片田珠美著

公開日:  更新日:

 一流大学卒業の輝かしいプロフィルの持ち主が、暴言を吐いたり、周囲の人を振り回すなど、モンスター化する事例が増えている。厄介なのはこれらの人たちに「周囲に迷惑をかけている」という自覚がないことだ。本書では、精神科医がこうした「無自覚型」高学歴モンスターの精神構造を分析し、彼らが増加する社会的背景を考察する。

 秘書への暴言と暴行で自民党を離党した豊田真由子元衆議院議員など、マスコミを騒がせた有名人らの事例を検証。彼らは「無自覚型」のナルシシストに分類されるとし、その「鈍感さ」の原因を探る。上司や同僚としてこうした高学歴モンスターと付き合わざるを得なくなったときの処方箋まで説いたタイムリーな本。(小学館 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る