「ランチのアッコちゃん」柚木麻子著

公開日:

 ある調査によれば、勤め人の男性のランチ代は541円、女性は512円。また、弁当持参率は男性が32・5%、女性が48・9%。男女ともに、外食あるいは弁当を買うならワンコイン、できれば弁当持参で昼食代を節約したいという傾向が強いようだ。本書に登場する派遣社員の澤田三智子も弁当持参組。

【あらすじ】三智子が勤めているのは小学校の教材を専門とする出版社。4年間付き合った恋人と別れたばかりの傷心の三智子が、いつものようにひとりデスクで弁当を広げていると、「アッコ」こと黒川敦子部長に声をかけられた。来週1週間アッコに弁当を作ってきてほしい。その代わり、アッコが月曜から金曜まで行く店とメニューを決めているランチに三智子が行くようにというのだ。

 なんとも奇妙な提案だが、部長に逆らうわけにもいかず、交換ランチを始めることに。月曜は近所の古びた建物にあるカレー専門店。聞くと、同じビルでデザイン事務所をやっているマスターが、趣味で昼休みだけ開けている隠れ家的カレー屋だという。

 火曜はワゴン車屋台のスムージー店、水曜は児童書専門店に寄ってから天ぷら屋へ、木曜は会社の屋上で社長と出前の寿司、金曜は月曜のカレー屋で店番。そうやって毎日新しい出会いを重ねているうちに、傷ついた心が癒えているのに気づく三智子だった――。

【読みどころ】表題作に続く「夜食のアッコちゃん」は、三智子たちの出版社が倒産し、別の会社で働き始めた三智子が社内の人間関係で悩んでいるところに、料理の移動販売を起業したアッコが現れ、またぞろ1週間、三智子を引き回す。

 アッコの前向きな姿勢を見ているといつの間にか元気が出てくる、人気の「ビタミン小説」。 <石>

(双葉社 537円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る