「ダークツーリズム」井出明著

公開日:  更新日:

 ダークツーリズムとは、人類の悲しみの記憶を巡るという新しい旅のかたち。国内外の被災地や戦地を訪ねてきた著者の旅を紹介しながら、ダークツーリズムとはどういうものかを伝える入門書。

 まずは、毎年700万人以上が訪れるという人気の観光地・小樽へ。19世紀末の外国貿易の拠点港として栄えた小樽には遊女が集中した。そうした性労働の悲しみから、同地生まれの小林多喜二に見る下層労働者の苦しみ、旧陸軍の秘密基地跡、多くの犠牲者を出した旧手宮鉄道の爆発事故(1924年)現場などを巡る。

 著者は小樽が持つ近代の悲しみの記憶に核心的価値を感じるという。その他、西表島や水俣、インドネシアなどの旅が、土地の全く違う姿を見せてくれる。

(幻冬舎 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る