「ダークツーリズム」井出明著

公開日:  更新日:

 ダークツーリズムとは、人類の悲しみの記憶を巡るという新しい旅のかたち。国内外の被災地や戦地を訪ねてきた著者の旅を紹介しながら、ダークツーリズムとはどういうものかを伝える入門書。

 まずは、毎年700万人以上が訪れるという人気の観光地・小樽へ。19世紀末の外国貿易の拠点港として栄えた小樽には遊女が集中した。そうした性労働の悲しみから、同地生まれの小林多喜二に見る下層労働者の苦しみ、旧陸軍の秘密基地跡、多くの犠牲者を出した旧手宮鉄道の爆発事故(1924年)現場などを巡る。

 著者は小樽が持つ近代の悲しみの記憶に核心的価値を感じるという。その他、西表島や水俣、インドネシアなどの旅が、土地の全く違う姿を見せてくれる。

(幻冬舎 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る