「ダークツーリズム」井出明著

公開日: 更新日:

 ダークツーリズムとは、人類の悲しみの記憶を巡るという新しい旅のかたち。国内外の被災地や戦地を訪ねてきた著者の旅を紹介しながら、ダークツーリズムとはどういうものかを伝える入門書。

 まずは、毎年700万人以上が訪れるという人気の観光地・小樽へ。19世紀末の外国貿易の拠点港として栄えた小樽には遊女が集中した。そうした性労働の悲しみから、同地生まれの小林多喜二に見る下層労働者の苦しみ、旧陸軍の秘密基地跡、多くの犠牲者を出した旧手宮鉄道の爆発事故(1924年)現場などを巡る。

 著者は小樽が持つ近代の悲しみの記憶に核心的価値を感じるという。その他、西表島や水俣、インドネシアなどの旅が、土地の全く違う姿を見せてくれる。

(幻冬舎 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  6. 6

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る