「顔は口ほどに嘘をつく」P・エクマン著、菅靖彦訳

公開日:

 感情について40年以上研究を続けてきた心理学者による科学テキスト。

 車を運転中に飛び出してきた車と衝突しそうになったとき、反射的にハンドルを切りながら、顔には恐怖の表情が浮かぶ。感情は重要な出来事が起こったときにどうすべきかを考えなくてもそれに備えさせてくれる。つまり感情は私たちの安全にとって極めて重要と思われる物事への反応である。さらに感情はしばしばあまりに早く始まるので、それを引き起こす心のなかのプロセスに私たちは気づかないと著者はいう。

 感情がどのような引き金によって引き起こされるのか、他人の感情を読み取るには顔のどこに注目すればよいかなど、感情をさまざまな角度から解説しながら、感情をコントロールして上手に生きるヒントを伝授。 (河出書房新社 1150円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る