「消えるB型」山上一著

公開日:

 血液型がB型の著者は、物事が発生・成長・維持・調整と展開する中で、B型は新たな地平を開く人と考え、B型の有名人に興味を持った。そのひとりが2018年の大河ドラマの主役「西郷どん」。22歳のとき、「農政に関する建白書」を書くが、これはアイデアが豊富というB型の長所によるもの。

 だが、自分を引き立ててくれた藩主の島津斉彬が急死して藩の方針が変わったのに、自分の判断で藩に頼って失敗したのは「束縛を嫌うマイペース」というB型の短所が出たのだろう。征韓論から西南戦争の頃は、「発生」的要素の役割を終えたB型を、「成長」的要素のO型の大久保利通らが追い出す過程だったのでは? 

 B型の著者によるB型人間学エッセー。 (文芸社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る