「仕事にしばられない生き方」ヤマザキマリ著

公開日:

 絵を学ぶため17歳でイタリアに留学し、29歳でデビューするまで、さまざまな職業を体験してきた著者が、働くことについて考察した体験的人生論。

「『仕事』という生きていくための当たり前の営みがつらいだけであっていいはずがない。働くことは、本来、そこからまた新しい道が広がっていく可能性そのものでもあるはず」と著者。

 しかし、自身も若いときは生きるために働くことによって絵を描く時間がなくなることに葛藤を覚えたという。

 女手一つで子供を育てながら人生を切り開いた音楽家の母との思い出、そして、人生初めてのバイト、チリ紙交換の12時間労働で得た500円の重みに始まる仕事遍歴を振り返りながら、仕事とお金との向き合い方について語る。

 (小学館 880円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る