宇宙飛行士訓練でもっともつらいのはトイレの悪臭!?

公開日: 更新日:

 ティム・ピーク著「宇宙飛行士に聞いてみた!」(柳川孝二訳 日本文芸社 1800円+税)は、SNSを通じて寄せられた宇宙の疑問に答えるQ&A本。著者はイギリス陸軍航空隊所属の軍人から宇宙飛行士になった人物で、国際宇宙ステーション(ISS)で186日間の長期ミッションを遂行した経験を持つ。

 例えば「訓練で最悪だったことは?」という疑問。通称“ゲロ飛行機”と呼ばれる乗り物で行われる無重力訓練は、参加者の3分の2が気分が悪くなるという過酷なもの。この訓練が最悪かと思いきや、著者は極限環境ミッション運用という訓練がもっともつらかったという。

 フロリダ沖の海底約20メートルに沈められた研究施設で行われる訓練で、閉鎖環境でチーム行動能力を向上させることを目指す。6人のクルーで12日間過ごすのだが、汚物を排出するシステムがなく、トイレの悪臭に苦しめられたのが最悪の経験だったとか。臭いがひどくならないよう、クルーたちは施設から出て“魚のように”海の中で用を足したこともあるというから面白い。

 宇宙では船外に出てさまざまな活動を行うが、著者がもっとも驚いた瞬間があるという。ISSの太陽電池パドル部分で1時間ほど作業し、船内に戻ろうと足場を伝っていたところ、眼下400キロにオーストラリア大陸が見えた。その瞬間に突然めまいを起こし、動けなくなってしまったという。大きな構造体の近くで作業をしていると忘れてしまうが、自分が宇宙空間にいることを思い出した瞬間に、おかしくなってしまったと振り返る。

 宇宙での体重の量り方や地球帰還後のスケジュールなど、宇宙飛行士しか知り得ない情報が満載。子供だけでなく大人も楽しめる宇宙本だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る