「フレディ・マーキュリーの恋」竹内久美子著

公開日: 更新日:

 ゲイやレズビアンなどの同性愛者は大抵、自分では子をつくらず、自分の遺伝子、特に同性愛行動に関する遺伝子のコピーをほとんど残さない。なのに、いつの時代も同性愛者が一定の割合で存在し続けるのはなぜか。

 LGBTについて最新の研究を紹介しながら、この謎の真相に迫るノンフィクション。

 ある調査によると、男性の4%が生涯にわたって男性とのみ関係を持ち、13%がバイセクシュアルだという。女性同性愛者の割合はこの2分の1から3分の1といわれている。彼らは繁殖していないように見えて、実はしているのだという。

 豊富なエピソードで、同性を愛することに関わる遺伝子が存在し続ける理由を明らかにしている。目からウロコのおすすめ本だ。

(文藝春秋 850円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る