「腰痛は歩いて治す」谷川浩隆著

公開日: 更新日:

 日本人の4人に1人が悩まされている腰痛は、現代の国民病のひとつと言える。ところが病院を受診してもレントゲンでは異常が見つからず、「湿布を貼ってしばらく様子を見てください」などと言われるだけのことも多い。

 原因が分からなくても、体に痛みがあれば安静にしている場合が多いだろう。しかし、運動器は“体を動かす”という、人が人らしく生活するためにもっとも大切な器官である。これが痛むと日常生活が不便になるばかりか、メンタル面にも悪影響を及ぼす。近年では、動きを制限されることで体よりも心へのダメージが積み重なり、痛みが増幅されると考えられている。

 例えば、かつて変形性膝関節症の患者には関節のすり減りを危惧して無理に動かさないよう指導するのが一般的だった。しかし現在は、関節よりも動かないことによる心のすり減りが問題視され、積極的に運動を勧める整形外科医が増えているという。運動器は動かした方が治るというメカニズムとしては、組織の血行をよくして筋肉や骨、関節が劣化するのを防止することなどが考えられている。本書では、「動かして治す」という治療を行った患者の例を挙げながら、痛み及びメンタル面の効果について解説している。

 肩こりや腰痛に悩む人のためのストレッチや、ウオーキング方法なども紹介。歩く際には背筋を伸ばしてやや大股で、かつ体が緊張しないよう楽な気持ちで少しスピードを上げて行うのがいいという。手を大きく振ることで、腰や下半身だけでなく背中や肩甲骨、首回りの血行がよくなり、痛み軽減も期待できると本書。運動器の長引く痛みに悩まされているなら、「動かして治す」を試してみてはいかがだろう。

 (講談社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る

人気キーワード