「深紅の断片」麻見和史著

公開日: 更新日:

 テレビの医療ドラマで、災害など多数の傷病者が同時に発生した際に、治療優先順位を決定するトリアージの場面が登場する。その際、トリアージタッグという、黒(死亡)、赤(要緊急治療)、黄(待機可能)、緑(軽症)の4色のタッグで選別する。目の前の傷病者にどの色のタッグを付けるかは経験が必要で判断を誤れば命に関わる。本書はこのトリアージが事件のカギとなる医療ミステリー。

【あらすじ】舞川市中央消防署警防課救急第二係隊長の真田の元に出場要請が入った。機械で声を変えた匿名の通報で、食品工場の敷地内に女の子が閉じ込められており、早く助けないと死ぬという。妙な通報と感じた真田は、警察にも連絡するように伝え、現場へ急行する。

 現場には鎖で封じられた冷蔵庫があり、中に誰かいる様子だ。急ぎレスキュー隊の出動を要請し、無事少女を救出するが、庫内には大量の血が流れていた。

 ところが少女には目立った傷はない。ただコートの背中に黒、赤、黄の3色に塗り分けられたシールが貼ってある。だが、少女は固く口を閉ざし名前も犯人も分からない。数日後、同様の通報があり、今度は鎖を巻かれた焼却炉内に腹部を刺された中年男性が閉じ込められており、コートには黒と赤のシールが貼られていた。真田は、これはトリアージタッグに違いないと確信する。

 真田は少ない手がかりを頼りに調査を進めていく。すると、今回の事件は5年前に起きた自動車事故におけるトリアージが関係していることが判明する──。

【読みどころ】救急の現場とそれを受け入れる病院の様子が詳細に描かれ、救急医療のさまざまな問題が浮き彫りにされている。巧みな伏線が張られ二転三転するストーリー展開、ミステリーとしても一級品だ。 <石>

(講談社 858円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

  3. 3
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 4
    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

  5. 5
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

もっと見る

  1. 6
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  2. 7
    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

  3. 8
    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

  4. 9
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  5. 10
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

人気キーワード