がんは陽子線で治す 普通の放射線と何が違う?医師に聞く

公開日: 更新日:

 がんの3大治療法とは、外科手術抗がん剤などの化学療法、放射線治療のこと。

 最近は、免疫チェックポイント阻害剤などの免疫療法を加えて4大治療法とも呼ばれるが、患者にわかりづらいのが放射線治療だろう。その放射線の中で副作用が最も少ないのが陽子線治療だ。

 普通の放射線との違いを筑波大学医学医療系放射線腫瘍学教授で、ホームページで患者の質問に自ら答えるなど患者本位の診察に定評がある同大付属病院陽子線治療センターの櫻井英幸部長に聞いた。

 陽子線によるがん治療の凄さは、「くいしん坊!万才」などでおなじみの俳優・村野武範さんが2015年に発覚したステージ4の中咽頭がん、作詞家のなかにし礼さんが12年に見つかった「余命8カ月」の食道がんから、生還したことからも明らかだ。

 村野さんは17回、なかにしさんは30回の陽子線中心の治療により、手術なしでがんを消失させた。なかにしさんはその3年後に食道近くのリンパ節にがんが見つかった。このときは手術を受けたが、陽子線も12回受け、再びがんを克服している。

 放射線治療には光子線と粒子線があり、一般的に知られる放射線治療は光子線の代表格であるX線で、陽子線は粒子線のひとつだ。

「X線と陽子線の違いは放射線ががんを突き抜けるかどうかです。X線は体の奥に進むに従ってエネルギーが弱くなりますが、がんを越えて体を突き抜けてしまいます。そのため、がんに強い放射線を当てようとすると、その手前にある正常組織に、がんよりも強い放射線が当たり、がんを通り過ぎた後にある正常な組織や臓器も傷つけます。一方、陽子線は設定した深さに到達したときに最大のエネルギーを放出して停止するという物理的特性があり、ブラッグピークと言います。そのため、がんのある深さに合わせて照射すれば、がんをピンポイントでくりぬくように治療することができます。がんより後ろに放射線が照射されることがないのです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで