著者のコラム一覧
東敬一朗石川県・金沢市「浅ノ川総合病院」薬剤部主任。薬剤師

1976年、愛知県生まれの三重県育ち。摂南大学卒。金沢大学大学院修了。薬学博士。日本リハビリテーション栄養学会理事。日本臨床栄養代謝学会代議員。栄養サポートチーム専門療法士、老年薬学指導薬剤師など、栄養や高齢者の薬物療法に関する専門資格を取得。

インスリンは冷蔵庫で保存しなければならないのはなぜ?

公開日: 更新日:

 糖尿病の治療で「インスリン」を使用している高齢者もいらっしゃるのではないでしょうか。以前、糖尿病とクスリについて紹介しましたが、今回はインスリンの治療ではなく保存方法についてお話しします。

 薬局でインスリンを受け取る際、薬袋に「冷所で保存してください」と記載されているはずです。ここでいう「冷所」とは、多くの場合「凍結をさけて2~8度」の場所=「冷蔵庫」を意味しています。実際、薬局などでは冷所保存のクスリは4~5度に設定された冷蔵庫に入れて保存しており、毎日冷蔵庫内の温度を厳密に管理しています。インスリンも冷所保存のクスリになります。

 事実、インスリンは糖尿病の治療に用いるクスリではありますが、本来は膵臓(すいぞう)から分泌されている血糖値を一定に保つ働きを持つホルモンで、ホルモンはタンパク質でできています。この「タンパク質でできている」というところがインスリンを冷所保存しなければならない理由です。

 タンパク質はさまざまな要因で変性、つまり性質が変わってしまいます。この要因には熱も含まれます。たとえば、生卵の白身は透明ですが、目玉焼きにしたりゆで卵にしたときの白身は文字通り白くなります。これは調理の過程で卵に熱が加わったことで、タンパク質(ここでは白身)が変性した結果、起こる現象です。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」