著者のコラム一覧
古谷彰子愛国学園短期大学准教授

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学准教授、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

【ローヤルゼリー】女性更年期に効果…朝夕食30分前の摂取が理想

公開日: 更新日:

 古代エジプトや中国では、その健康促進効果から皇帝や貴族たち貴重な資源とされていたローヤルゼリー。エジプトでも、女王蜂のための特別な食事として知られ、健康や長寿をもたらすと信じられてたそうです。

 ローヤルゼリーが科学的に研究され始めたのは20世紀初頭のこと。特に1930~50年代にかけてヨーロッパを中心に多くの研究が行われ、その栄養価や健康効果が確認されました。フランスの研究者であるシャルル・マルキノーはローヤルゼリーの成分分析を行い、その中に含まれるビタミンやミネラル、アミノ酸などの豊富な栄養素を明らかにしています。

 1950年代以降、ローヤルゼリーが一般消費者向けに広く販売されるようになり、特にアメリカやヨーロッパでは、健康食品としての人気が急速に高まりました。日本では一足遅く1960~70年代にかけて多くの企業がローヤルゼリーを含む製品を市場に投入しました。サプリメントや健康ドリンクの形で販売され、一般の消費者に広く受け入れられたのもこの頃です。

 そんなローヤルゼリーにはエネルギー代謝に関わるビタミンB群(B1,、B2、B6、B12など)、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル、必須アミノ酸を含むアミノ酸などが豊富に含まれていることがわかっています。さまざまな研究も行われ、ローヤルゼリーに含まれるフラボノイドやビタミンC、Eなどの抗酸化物質は、細胞の酸化ストレスを軽減し、老化防止や慢性疾患の予防にも役立つとされています。免疫細胞の活性を高め、感染症への抵抗力や傷の治癒改善作用も報告されています。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方