DeNA借金11…三浦監督もう使えない「助っ人不在」の言い訳

公開日: 更新日:

「助っ人案件」は解決したはずだが……。

 リーグ最下位に低迷するDeNA。開幕6連敗と出はなをくじかれ、16日現在借金11。首位の阪神とは10.5ゲーム差がついている。苦戦の一因はコロナ禍によって外国人選手の来日が遅れたこと。ビザの発給が凍結され、育成を含む10人全員が来日できないまま開幕を迎えた。外国人選手が一人も来日できずにシーズンを迎えたのは12球団でDeNAだけ。助っ人への依存度が高いチームには致命傷となった。

 フロントの失態も大きい一方、何が起こるか分からないコロナ禍の中で「助っ人ありき」で考えていた三浦監督の責任も無視できない。

 西武の辻監督はキャンプイン前の今年1月時点で、「(助っ人は)開幕には間に合わないと思ってやった方がいい」と覚悟を口にしていた。実際に開幕戦は日本人選手だけでスタメンを組み、勝利を手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る