国際大会で相次ぐ「ロシア除外」強豪国の欠場はスポーツイベントを変えるのか

公開日: 更新日:

「そんな大会のメダルに価値はない」

 ロシア国民はそう思っているに違いない。現在、ハンガリー・ブダペストで行われている世界水泳アーティスティックスイミング(旧シンクロ)のソロで乾友紀子(31)が優勝。世界水泳のソロ種目で日本人の優勝は初めてのことだ。ロシア選手は母国のウクライナ侵攻により出場が認められず、「シンクロ王国」不在の中での金メダルだった。

 ロシア勢は陸上界からもはじかれる。世界陸連は、組織的ドーピング違反で資格停止処分中のロシア選手は潔白を条件に「中立選手」として主催大会の出場を認めてきたが、ウクライナ侵攻の影響で7月の世界陸上(米オレゴン州)を含む主催大会から除外する。

 ロシア勢は2019年世界陸上で「中立選手」として出場し、男女で6個のメダルを獲得。ROC(ロシア五輪委員会)として参加した昨年の東京五輪では金20個を含む合計71個ものメダルを手にした。ROCは今年の北京五輪でも32個のメダルを取っている。「スポーツ大国」の除外は競技の勢力図をガラリと変えてしまい、「ロシア勢が欠場する国際大会のメダルにどれほどの価値があるのか」という声があるのも事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?