“被害者”宮川が否定し混沌 女子体操パワハラ問題は第2章へ

公開日: 更新日:

 不自然さがつきまとう。体操女子のパワハラ騒動だ。

 リオ五輪代表の宮川紗江(18)に対し、指導する速見佑斗コーチ(34)が繰り返し殴るなどの暴力行為を行っていたとされる問題。日本体操協会は同コーチを無期限の登録抹消処分としたが、事実なら当然だろう。

 が、これに対し、なんとパワハラを受けていたはずの宮川が弁護士を通じて直筆文書を発表。「私は速見コーチに対して、パワハラされたと感じていません」と被害そのものを否定したからややこしい。しかも、“被害者”の宮川がなぜか、所属先「株式会社レインボー」との契約を解除され、無所属での活動に追い込まれたのだ。

 体操界の師弟関係について、ソウル、バルセロナ五輪メダリストの池谷幸雄氏はこう言う。

「体操は種目が多い分、練習時間も長い。命にかかわる危険な動きも多いので、他のスポーツと違って体操は器具を使ってひとりで自主練習することができません。コーチがつきっきりとなるので、選手にとって幼少期から教わるコーチは親以上の存在になります。速見コーチは一生懸命で熱心な指導者。宮川選手は速見コーチをすごく信頼していた。楽しくニコニコやれたらそれが理想ですが、体操は集中力や緊張感の欠如が重大なケガや生命の危機につながる。そうならないよう、声が大きくなったり厳しく叱咤する。愛情があってのことです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  7. 7

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  8. 8

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  9. 9

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  10. 10

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

もっと見る