“被害者”宮川が否定し混沌 女子体操パワハラ問題は第2章へ

公開日:

 不自然さがつきまとう。体操女子のパワハラ騒動だ。

 リオ五輪代表の宮川紗江(18)に対し、指導する速見佑斗コーチ(34)が繰り返し殴るなどの暴力行為を行っていたとされる問題。日本体操協会は同コーチを無期限の登録抹消処分としたが、事実なら当然だろう。

 が、これに対し、なんとパワハラを受けていたはずの宮川が弁護士を通じて直筆文書を発表。「私は速見コーチに対して、パワハラされたと感じていません」と被害そのものを否定したからややこしい。しかも、“被害者”の宮川がなぜか、所属先「株式会社レインボー」との契約を解除され、無所属での活動に追い込まれたのだ。

 体操界の師弟関係について、ソウル、バルセロナ五輪メダリストの池谷幸雄氏はこう言う。

「体操は種目が多い分、練習時間も長い。命にかかわる危険な動きも多いので、他のスポーツと違って体操は器具を使ってひとりで自主練習することができません。コーチがつきっきりとなるので、選手にとって幼少期から教わるコーチは親以上の存在になります。速見コーチは一生懸命で熱心な指導者。宮川選手は速見コーチをすごく信頼していた。楽しくニコニコやれたらそれが理想ですが、体操は集中力や緊張感の欠如が重大なケガや生命の危機につながる。そうならないよう、声が大きくなったり厳しく叱咤する。愛情があってのことです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る