• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

第6回角川春樹小説賞受賞 鳴神響一氏に聞く

 熱烈なフラメンコファン。そのあたりも今後の作品で異文化交流の要素として登場させる可能性もあり?

「出したいですね(笑い)。フラメンコという名前や現在のスタイルが確立したのは19世紀なので、幕末ぐらいにしか出せませんが、フラメンコの源流となる歌や踊りはあったので、時代小説でも入れられるかな? 時代考証は重要ですからね」

 時代小説作家として意を注ぐのは、やはり緻密な時代考証だという。

「たとえば常磐津の師匠とか新内節の門付けとかテレビの時代劇によく出てきますよね? でも水戸黄門や若き徳川吉宗の時代には、まだないんですよ。詳しい人はそこでシラケちゃう。時代小説ファンをシラケさせないよう、さらには恋愛小説が好きな女性にも楽しんでもらえる作品を書いていきたいですね」


▽なるかみ・きょういち 1962年、東京生まれ。中央大法学部卒。神奈川県の小学校で事務職員として勤務していたが、執筆に専念するためフリーに。今作で第6回角川春樹小説賞を受賞し、作家デビュー。フラメンコの熱烈なファン。趣味は風景写真の撮影。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る