「日本の童貞」澁谷知美著

公開日:  更新日:

 1920年代、童貞はカッコイイとされ、童貞が自ら童貞性を賛美していたという。童貞受難の現代、童貞であることは「悩まし」く「後ろめたい」ことであり、その地位は極めて低い。戦前、戦後の史料を分析しながら、その変化の過程と理由を探る論考。

 近代化以前の共同体では「筆おろし」などの儀式が行われ、童貞のいない時代・空間があった。そうした中、20年代の学生たちが確立した童貞=美徳論は、前例のない新しい概念だった。しかし、60年代半ばを分岐点に童貞は美徳から「恥」へと変わり始める。そうした変化をたどりながら、童貞であることに恥じらいを覚えるような社会とはどのような社会なのかを考察する。(河出書房新社 810円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る