「食堂のおばちゃん」山口恵以子著

公開日:  更新日:

 10年前、夫を失った二三は、勤めていたデパートを辞め、姑の一子とともに、亡夫が佃で営んでいた洋食屋を、昼は定食、夜は居酒屋となる食堂に変えて引き継いだ。その「はじめ食堂」に3カ月ほど前から全身を高級ブランドで固めた男が、夕食を食べに足しげく通ってくるようになった。また、毎火曜の昼間には、店に不釣り合いなモデルのような女が現れる。やがて二三と一子はテレビで、ブランド男が有名なIT企業の社長・藤代だと知る。そんなある夜、いつものように藤代が二三の店で夕食を取っていると、いつもは昼にしかこない火曜日の女が血相を変え飛び込んできた。(「三丁目のカレー」)

 自らもかつて社員食堂で働いていた著者がつづる下町人情連作小説。(角川春樹事務所 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る