「食堂のおばちゃん」山口恵以子著

公開日:  更新日:

 10年前、夫を失った二三は、勤めていたデパートを辞め、姑の一子とともに、亡夫が佃で営んでいた洋食屋を、昼は定食、夜は居酒屋となる食堂に変えて引き継いだ。その「はじめ食堂」に3カ月ほど前から全身を高級ブランドで固めた男が、夕食を食べに足しげく通ってくるようになった。また、毎火曜の昼間には、店に不釣り合いなモデルのような女が現れる。やがて二三と一子はテレビで、ブランド男が有名なIT企業の社長・藤代だと知る。そんなある夜、いつものように藤代が二三の店で夕食を取っていると、いつもは昼にしかこない火曜日の女が血相を変え飛び込んできた。(「三丁目のカレー」)

 自らもかつて社員食堂で働いていた著者がつづる下町人情連作小説。(角川春樹事務所 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る