• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「愛蔵版モリー先生との火曜日」ミッチ・アルボム著 別宮貞徳訳

 ミッチは1979年、大学を卒業し、大好きなモリー・シュワルツ教授に別れを告げた。モリーは1994年に医師から筋萎縮性側索硬化症であると告げられた。やがて車の運転も散歩もできなくなったが、モリーは最後のクラスの講義を続ける。モリーに注目した「ナイトライン」のスタッフが取材にきた。

 1000マイル離れた地で、ミッチはテレビから「モリー・シュワルツとは誰でしょう」という声が流れてくるのを聞いた。火曜日にモリーの自宅で講義を受けるようになったミッチに、モリーは「人生でいちばん大切なことは愛を表に出す方法を学ぶことだ」と教えた。

 心に残る恩師の教えを伝える一冊。(NHK出版 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る