「愛蔵版モリー先生との火曜日」ミッチ・アルボム著 別宮貞徳訳

公開日: 更新日:

 ミッチは1979年、大学を卒業し、大好きなモリー・シュワルツ教授に別れを告げた。モリーは1994年に医師から筋萎縮性側索硬化症であると告げられた。やがて車の運転も散歩もできなくなったが、モリーは最後のクラスの講義を続ける。モリーに注目した「ナイトライン」のスタッフが取材にきた。

 1000マイル離れた地で、ミッチはテレビから「モリー・シュワルツとは誰でしょう」という声が流れてくるのを聞いた。火曜日にモリーの自宅で講義を受けるようになったミッチに、モリーは「人生でいちばん大切なことは愛を表に出す方法を学ぶことだ」と教えた。

 心に残る恩師の教えを伝える一冊。(NHK出版 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る