「愛蔵版モリー先生との火曜日」ミッチ・アルボム著 別宮貞徳訳

公開日:  更新日:

 ミッチは1979年、大学を卒業し、大好きなモリー・シュワルツ教授に別れを告げた。モリーは1994年に医師から筋萎縮性側索硬化症であると告げられた。やがて車の運転も散歩もできなくなったが、モリーは最後のクラスの講義を続ける。モリーに注目した「ナイトライン」のスタッフが取材にきた。

 1000マイル離れた地で、ミッチはテレビから「モリー・シュワルツとは誰でしょう」という声が流れてくるのを聞いた。火曜日にモリーの自宅で講義を受けるようになったミッチに、モリーは「人生でいちばん大切なことは愛を表に出す方法を学ぶことだ」と教えた。

 心に残る恩師の教えを伝える一冊。(NHK出版 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る