• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「19歳のポルノグラフィ」塩野秋ほか著

 主人公の真理はセーラー服姿のままプールに浮かんでいた。その姿を2階の美術室の窓から身を乗り出して見ていた満川平良は真理を美術室へと誘う。濡れそぼったまま美術室に入っていった真理は平良と高校卒業後の進路などを話しながら氷砂糖(融点186℃)をなめる。やがて2人は肌を寄せ合い、初めての行為に埋没する。そして真理はつぶやく。「さっきまで、平良と私はひとつの生き物だったのにいまは分離している」と。やがて廊下に足音がして、2人は手をつないで、窓からプールに飛び込む。(塩野秋著「融点186℃」)

 東北芸術工科大学芸術学部文芸学科の3年生と2年生の女性が企画、編集、執筆に取り組んだ9編の短編ポルノ小説集。 (藝術学舎 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る