• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「19歳のポルノグラフィ」塩野秋ほか著

 主人公の真理はセーラー服姿のままプールに浮かんでいた。その姿を2階の美術室の窓から身を乗り出して見ていた満川平良は真理を美術室へと誘う。濡れそぼったまま美術室に入っていった真理は平良と高校卒業後の進路などを話しながら氷砂糖(融点186℃)をなめる。やがて2人は肌を寄せ合い、初めての行為に埋没する。そして真理はつぶやく。「さっきまで、平良と私はひとつの生き物だったのにいまは分離している」と。やがて廊下に足音がして、2人は手をつないで、窓からプールに飛び込む。(塩野秋著「融点186℃」)

 東北芸術工科大学芸術学部文芸学科の3年生と2年生の女性が企画、編集、執筆に取り組んだ9編の短編ポルノ小説集。 (藝術学舎 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る