「19歳のポルノグラフィ」塩野秋ほか著

公開日:

 主人公の真理はセーラー服姿のままプールに浮かんでいた。その姿を2階の美術室の窓から身を乗り出して見ていた満川平良は真理を美術室へと誘う。濡れそぼったまま美術室に入っていった真理は平良と高校卒業後の進路などを話しながら氷砂糖(融点186℃)をなめる。やがて2人は肌を寄せ合い、初めての行為に埋没する。そして真理はつぶやく。「さっきまで、平良と私はひとつの生き物だったのにいまは分離している」と。やがて廊下に足音がして、2人は手をつないで、窓からプールに飛び込む。(塩野秋著「融点186℃」)

 東北芸術工科大学芸術学部文芸学科の3年生と2年生の女性が企画、編集、執筆に取り組んだ9編の短編ポルノ小説集。 (藝術学舎 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る