「『価格』を疑え」吉川尚宏著

公開日:

 昨年6月、改正酒税法の施行に伴い、国税庁はビールの安売りに対する監視を強化。一般酒販店を大手スーパーなどの安売り攻勢から守るとの趣旨だが、結果としてビールの値上がりを招き、販売量は減少。一般酒販店と大手スーパーらとの価格競争力の差異も埋まっていない。

 このように政府がわざわざ「安値」を禁じる動きがある。消費者にとって迷惑千万な「官製価格」は、他にも携帯電話料金や品不足が続くバター、鉄道運賃などでも見られ、今や春闘や株価まで官製化しつつある。著者はそんな「官製価格社会」化こそがアベノミクスの指針でもあると批判。市場からダイナミズムを奪う官製価格の実態と問題点を解説した警世の書。

(中央公論新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る