「『価格』を疑え」吉川尚宏著

公開日: 更新日:

 昨年6月、改正酒税法の施行に伴い、国税庁はビールの安売りに対する監視を強化。一般酒販店を大手スーパーなどの安売り攻勢から守るとの趣旨だが、結果としてビールの値上がりを招き、販売量は減少。一般酒販店と大手スーパーらとの価格競争力の差異も埋まっていない。

 このように政府がわざわざ「安値」を禁じる動きがある。消費者にとって迷惑千万な「官製価格」は、他にも携帯電話料金や品不足が続くバター、鉄道運賃などでも見られ、今や春闘や株価まで官製化しつつある。著者はそんな「官製価格社会」化こそがアベノミクスの指針でもあると批判。市場からダイナミズムを奪う官製価格の実態と問題点を解説した警世の書。

(中央公論新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  6. 6

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  7. 7

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  8. 8

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る