「『価格』を疑え」吉川尚宏著

公開日:

 昨年6月、改正酒税法の施行に伴い、国税庁はビールの安売りに対する監視を強化。一般酒販店を大手スーパーなどの安売り攻勢から守るとの趣旨だが、結果としてビールの値上がりを招き、販売量は減少。一般酒販店と大手スーパーらとの価格競争力の差異も埋まっていない。

 このように政府がわざわざ「安値」を禁じる動きがある。消費者にとって迷惑千万な「官製価格」は、他にも携帯電話料金や品不足が続くバター、鉄道運賃などでも見られ、今や春闘や株価まで官製化しつつある。著者はそんな「官製価格社会」化こそがアベノミクスの指針でもあると批判。市場からダイナミズムを奪う官製価格の実態と問題点を解説した警世の書。

(中央公論新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る