「笑って! 小屋作り」 文・中山茂大 写真・阪口克

公開日: 更新日:

 2008年に奥多摩の古民家を200万円で購入し、「人力山荘」と名づけて暮らしていた著者が、今度は、「アネックス(別棟)」づくりに挑戦。高気密、高断熱、冷暖房、テレビ、高速インターネット完備のハイテク住宅だ。予算は何とたったの50万円。

 本書は、その基礎工事から、屋根工事、内装、そして階段、飾り棚作りまでのセルフビルド顛末記。組んだ木材がコンクリ土台に載っからないため、もう一度スコップで掘り返して位置を直したり、たった1日で棟上げを終えたのはよかったが、仕事の関係で2カ月ほど工事を中断していたら高級化粧板がカビだらけになったり、とトラブル続き。

 それでもめげず、くじけず、予算も大幅に超過しても気にせず、小屋作りを楽しんでいるさまが気持ちいい。詳細な経費総計一覧付きだ。

(山と溪谷社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る