「オタク中年女子のすすめ」河崎環著

公開日: 更新日:

 一昔前の日本では「女の賞味期限」は25歳だったのに、フランスの女性は40代が一番輝いていると聞いて、著者は女性の人生経験や知性に価値を置くフランスと、日本の価値観の違いに驚いた。また、宝塚のトップスターだった真矢ミキが、宝塚音楽学校に進んだために高卒の資格を取れなかったので、「人生にあいていた大きな穴」を埋めようと、50代で高卒認定試験を受けたと知り、その勇気とバイタリティーに感銘を受けた。30歳や40歳がこの世の最果てで後の人生は惰性、ではなく、その先に「最も輝く季節」が待っているのだ。

「女子の生き様は顔に出る」の著者が、これからの「女の生き様」を提言する、心が軽くなる一冊。

(プレジデント社 1300円+税+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード