「金庫番の娘」伊兼源太郎著

公開日: 更新日:

 藤木花織は10年勤めた会社を辞め、父親が長期間、私設秘書を務めていた衆院議員、久富隆一の財務秘書となった。だが、久富の要望で地元から上京した後援会のトップの八尋に「こげん小娘になんができっとか」とばかにされて落ち込む。その日、久富は新聞記者の監視をかいくぐって、ニューオータニで党の他の派閥の長、馬場と会談をする。

 翌日、久富は秘書たちに「みんな、国盗りだ」と決意を伝えた。背筋がぞくっとした。花織の頭の中で、後援会長の上京、馬場との会談などの出来事が、すべてつながった。久富は自分の派閥のメンバーを招集し、記者会見で「総裁選に立候補します」と宣言する。

 新米の政治家秘書の権力との闘いを描く政治小説。

(講談社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る