「資源の世界地図」飛田雅則著

公開日: 更新日:

 地球温暖化防止の国際的な枠組みである「パリ協定」が実施段階に入った2020年。世界はコロナ禍にあったが、欧米諸国では環境投資をテコに経済復興を狙う「グリーンリカバリー(緑の復興)」を表明。電気自動車(EV)や再生可能エネルギーの普及を図り、石油からクリーンエネルギーへの転換を加速させているのだ。

 こうなると重要性を増すのが、EVや再エネに必要な銅などのベースメタル、そして磁性や蛍光、超電導などの性質を持つレアメタルだ。しかしこれらの金属には埋蔵地域の偏在や政情不安などの課題が付きまとう。日本は石油を中東からの輸入に依存してきたが、調達に際しては中東のリスクのみに目を向けていればよかった。しかし脱炭素によってエネルギー転換が進めば、複合的な資源調達リスクに直面することになるわけだ。

 現在、新たな資源確保で一歩先を行くのが、中国である。自動車などの工場で使われる超硬工具はタングステンという金属を原材料につくられているが、埋蔵量は中国に55・8%、鉱石生産量も82・1%にも及び、世界首位に立っている。さらに、EVに搭載されるリチウムイオン電池に使われるコバルトの埋蔵量は、アフリカのコンゴ民主共和国に50・7%、鉱石生産でも67・8%を占めているが、コンゴのコバルト資源開発・採掘に参加する資本は、中国が30%以上を占めているという。

 さらに中国では、レアメタルを大量輸送するための準備にも余念がない。レアメタルの宝庫であるアフリカに対し1200億ドルの支援を表明し、着々とインフラ整備を進めているのだ。

 日本が力を入れる水素エネルギーの現状についても解説する本書。世界のエネルギー転換の今が見えてくる。 (日経BP 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  4. 4

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  5. 5

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  6. 6

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  7. 7

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  10. 10

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

もっと見る

人気キーワード