森朗(気象予報士)

公開日: 更新日:

11月×日 最近、中高生を相手に気候変動や地球温暖化の話をする機会が多い。せいぜい10数年しか生きていないので、気候が昔と比べて変化した実感はないはずなのだが、地球温暖化や気候変動の知識がとても豊富で驚かされる。これも環境教育の賜物だろうか。それは素晴らしいことだが、あまりに刷り込みが過ぎると、何か起きるとすべて温暖化が原因だ、二酸化炭素は悪者だ、といった誤った認識を持たれないか、やや気がかりだ。二酸化炭素も海も火山も生物も、長い地球の営みの中で発生したり消えたり、増えたり減ったりする物質にすぎない。

 アンドルー・H・ノール著「たった1日でわかる46億年の地球史」(鈴木和博訳 文響社 1958円)は、地球の誕生以来の、宇宙と大地と大気と海洋、そして生物の相互作用とそれぞれのダイナミックな変化を、わかりやすい図版とともに教えてくれる。まずはこうした自然に起こる環境変化を知ってもらう必要があると思う。

11月×日 気候変動の危機を伝えるのは難しい。深刻な風水害や記録的猛暑が起こるたびに、温暖化が原因だと唱えても、だんだんマンネリ化してしまい、地球沸騰化のような強い言葉も響くかどうか。そんな中で、生物史上6度目の大量絶滅が迫っている、とも言われ始めた。穏やかではない。

 尾上哲治著「大量絶滅はなぜ起きるのか 生命を脅かす地球の異変」(講談社 1100円)は、これまでに地球で起きた5回の生物大量絶滅事件のうち、約2億年前におきた4回目の大量絶滅についての考察だ。著者である地質学者がフィールドワークの裏話なども交えつつ、生物の大量絶滅に至る過程をわかりやすく解き明かしていく。面白く読み進めるうちに気づくのが、絶滅までの道のりが数十万年、数百万年という時間スケールであること。今の気候変動の速度は、下手をするとその1000倍以上の速さだ。そういえば中高生の中に、わずか10数年の間の気候の変化を感じている子もいた。そのときは聞き流してしまったが、実際にそんな速度で事が進んでいるのかもしれない。

【連載】週間読書日記

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 3
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

  4. 4
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  5. 5
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    市場で注目される「低PBR銘柄」 個人投資家の投資戦略と東証が評価する29社

    市場で注目される「低PBR銘柄」 個人投資家の投資戦略と東証が評価する29社

  3. 8
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 9
    「だれかtoなかい」代役に石橋貴明待望論 フジ社長のMC交代示唆でネットで飛び交うが実際は

    「だれかtoなかい」代役に石橋貴明待望論 フジ社長のMC交代示唆でネットで飛び交うが実際は

  5. 10
    「なにわの台所」は雰囲気ガラリ“ぼったくり市場”に…築地場外では和牛1串が3000円!

    「なにわの台所」は雰囲気ガラリ“ぼったくり市場”に…築地場外では和牛1串が3000円!