R-1優勝ザコシ語る<下> 芸人を諦めて漫画家になろうとした

公開日: 更新日:

 6日に開催された「R-1ぐらんぷり2016」(フジテレビ系)でテッペンを取ったハリウッドザコシショウ(42)。小島よしおやとにかく明るい安村など、数年に一度は「裸芸人」がヒットしているが、ザコシに「裸芸人」の認識はなく……。

  ◇  ◇  ◇

 マジメな話、僕のは裸芸ではない。いろんなモノマネをやりやすいよう“軽量化”したんです。あと、周りの人に「手足も短くて体のフォルムが面白い」と言われて、持って生まれたものなら生かそうと。こういう体をわざわざつくったわけじゃなく、単なる不摂生の塊なんです。

 もしブレークしたらもっと不摂生になりますね。実際、「R―1」後はスケジュールがすごくて、大会後に取材受けて打ち上げに行った後、事務所のライブに顔を出して家に帰ったら「めざましテレビ」のタクシーが待ってて、それに乗ってお台場行った後に汐留で「PON!」に出て、帰ってきたのが昼12時すぎ。本当に1日寝てなかったですね。そんなのが続いたから、先週やっと本番のビデオが見られました。ああ~、結構ウケてるなあ、というのがやっと分かりましたよ。宮迫(博之)さん、結構笑ってましたよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る