著者のコラム一覧
安井謙二整形外科医

東京女子医大整形外科で年間3000人超の肩関節疾患の診療と、約1500件の肩関節手術を経験する。現在は山手クリニック(東京・下北沢)など、東京、埼玉、神奈川の複数の医療機関で肩診療を行う。

腱板断裂ですぐ手術が必要なケースはまれ 半数超が保存療法

公開日: 更新日:

「五十肩」と思っていた肩の痛み。実は、肩の腱板が切れた腱板断裂とわかった瞬間、手術を覚悟して青ざめてしまう方が時折見られます。しかし私の経験上、すぐ手術をしなければならないのはごくまれです。おおよそ半数を超えるケースで、保存療法によって十分治療できています。

 肩に限らず関節の悩みごとは、主に「痛み」「曲げ伸ばししづらい(動き)」「力が入らず、上がらない・支えられない(力)」の3つに分類されます。なお肩の場合、もうひとつ「外れやすい」が、頻度が高く特徴的ですが、本稿では割愛します。

 そのため、肩の治療を評価するにあたっては、①肩の痛みが取れ②自在に腕を伸ばし、回すことができ③物を持ち支えられる──が、どこまで達成でき、満足できたかを考えています。腱板断裂の話なのに「腱が切れた」「腱がつながった」を第一に考えていないことが興味深いですね。

 頭の中で整理しやすいよう、悩みごとを3つの要素に分けましたが、この「痛み、動き、力」は独立しているわけではなく、お互いに影響しあっています。例えば、痛みが出るためバンザイをしようとしても十分に腕を伸ばせないなどです。

 さらに、患者さんごとに持ち合わせた背景により満足の基準は変わってきます。

 具体的には、痛めたのが利き手側か。机仕事か肉体労働か。仕事の調整が許されるか。運動習慣があるかどうか。野球テニスなど肩を大きく使う種目か。趣味レベルか、勝負にこだわるか。どのくらい治療に時間を割けられるのか。手術治療に抵抗感が強いのか。

 こういった背景も加味し、そのまま保存療法を続けてよいか、手術まで勧めなくても済むかを考えています。単純にまとめると、直感的にさほど困ることがなく不安も取れてきていればひと安心と考えて良いかと思います。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで