著者のコラム一覧
中川恵一東大大学病院 医学系研究科総合放射線腫瘍学講座特任教授

1960年生まれ。東大大学病院 医学系研究科総合放射線腫瘍学講座特任教授。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

“ぴんぴんコロリ”とがんで死にたい 専門医の私も実感している

公開日: 更新日:

 死ぬなら、やっぱりがんがいい──。改めてそう思わせる報道が相次いでいます。

 今月15日に肺がんでこの世を去った歌舞伎俳優の市川左団次さんは、2日開幕の歌舞伎座公演に向けて直前まで稽古に励んでいたそうです。

 17日放送の「徹子の部屋」に出演した内田也哉子さん(47)は、18年に全身がんの転移で亡くなった母・樹木希林さん(享年75)を振り返ってこう言っています。

「一番がんになったことをありがたがっていました。たとえば、『もっととっさに亡くなってしまう病気もあるし、事故だってあるし、人間にはいろいろな死に方があるけど、私はがんっていうものを頂いて、本当にありがたかった』って、つくづく言っていました」

 左団次さんの最期といい、生前の希林さんの言葉といい、がんの最期を見事に物語っています。がんは、治療でうまく折り合いをつけると、亡くなる直前まで家族と会話したり、いつもと変わらない生活を送ったりできる病気なのです。

 希林さんは骨折で入院中でしたが、亡くなる3日前に自宅に戻り、「痛みもなく、眠るようにお別れができた」といいます。この言葉が示しているのは、痛みを取る緩和ケアが万全なら、がんの最期は痛みなく安らかだということです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」