著者のコラム一覧
堀田秀吾明治大学教授、言語学者

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

日本語における「相づち」は単なる応答ではない…共感の手段

公開日: 更新日:

 日本人は、会話において独特の文化を持っているといわれています。

 例えば、「はい」と「いいえ」。「昨日はよく眠れましたか?」といった質問を、日本語のほかに英語や韓国語、オランダ語といった各国の言語で返答速度を比較したところ、日本語は平均にして0.007秒で返ってくるというデータがあります。

 英語のYesとNoが0.24秒といわれていることに鑑みると、いかに日本の「はい」「いいえ」がとても速い反射速度で行われているかがわかると思います。日本人は、会話における世界屈指の“食い気味民族”だともいわれているんですね。

 また、日本のコミュニケーションにおいて「相づち」は大きな役割を果たしますが、実はこの相づちに関しても独特だといわれています。

 相づちは単なる応答ではなく、話し手の感情や意見に対する共感を表現する手段にもなります。相づちや合いの手を入れることで、話し手と聞き手の心理的距離を縮めることができるため、うなずいたり、「そうなんだ」などのリアクションは、とても有効な手段となります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」