エース上野が肉離れ 東京ドーム初のソフト国際試合を欠場

公開日:  更新日:

 目玉が消えた。

 日本ソフトボール協会は昨15日、代表エースの上野由岐子(33=ビックカメラ高崎)が23日から行われる日米対抗戦を欠場すると発表した。左ふくらはぎを肉離れしたためで、7月5日に米オクラホマで開幕するW杯への出場も取りやめる。

 中でも日米対抗戦は、初戦の舞台に東京ドームが用意され、同球場で初めて行われるソフトボールの国際試合と話題になっていた。野球・ソフトが20年東京大会で五輪復帰を目指している事情もあり、CS放送ながらテレビの生中継もついた。

 実績も知名度も群を抜く上野の存在があってこそで、本人もその“宣伝”を兼ねて4月24日の巨人―DeNA戦で始球式を務めていた。その大黒柱が欠場だ。ファン以上にテレビ局が肩を落としているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る