• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エース上野が肉離れ 東京ドーム初のソフト国際試合を欠場

 目玉が消えた。

 日本ソフトボール協会は昨15日、代表エースの上野由岐子(33=ビックカメラ高崎)が23日から行われる日米対抗戦を欠場すると発表した。左ふくらはぎを肉離れしたためで、7月5日に米オクラホマで開幕するW杯への出場も取りやめる。

 中でも日米対抗戦は、初戦の舞台に東京ドームが用意され、同球場で初めて行われるソフトボールの国際試合と話題になっていた。野球・ソフトが20年東京大会で五輪復帰を目指している事情もあり、CS放送ながらテレビの生中継もついた。

 実績も知名度も群を抜く上野の存在があってこそで、本人もその“宣伝”を兼ねて4月24日の巨人―DeNA戦で始球式を務めていた。その大黒柱が欠場だ。ファン以上にテレビ局が肩を落としているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る