• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新体操フェアリーJ ウクライナの“横やり”で動揺し最下位

 日本の新体操が想定外の事態に見舞われた。

 リオ五輪新体操団体決勝(リボン、フープ・クラブ)が21日(日本時間22日未明)に行われ、2種目合計34.200点で8位に終わった。

 前日の予選は、ほぼノーミスの5位で通過した日本は8カ国中、7番目に登場。6番目のベラルーシが演技を終え、5人のメンバーが日本のコールを待っている時だった。

 5番目で演技を終えていたウクライナが審判団に対して採点の見直しを要求したのだ。ウクライナは16.916とスコアを伸ばせず、技の難度を評価する「Dスコア」が低いとアピール。審判団がビデオ判定する間、演技の準備が整っているはずの日本は入場ゲートで待たされる羽目に。

 結局、ウクライナの抗議は認められず、逆にDスコアは当初の「8.550」から「8.500」に減点。この間、日本はロシア人のインナ・ビストロワ・コーチが選手それぞれに声をかけたり、肩を抱くなど、落ち着かせようと必死。選手たちはコーチの言葉に笑顔で応じ、努めて平静を装ったが、約5分間も待たされて演技を開始した日本は動揺を隠せなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る