新体操フェアリーJ ウクライナの“横やり”で動揺し最下位

公開日:  更新日:

 日本の新体操が想定外の事態に見舞われた。

 リオ五輪新体操団体決勝(リボン、フープ・クラブ)が21日(日本時間22日未明)に行われ、2種目合計34.200点で8位に終わった。

 前日の予選は、ほぼノーミスの5位で通過した日本は8カ国中、7番目に登場。6番目のベラルーシが演技を終え、5人のメンバーが日本のコールを待っている時だった。

 5番目で演技を終えていたウクライナが審判団に対して採点の見直しを要求したのだ。ウクライナは16.916とスコアを伸ばせず、技の難度を評価する「Dスコア」が低いとアピール。審判団がビデオ判定する間、演技の準備が整っているはずの日本は入場ゲートで待たされる羽目に。

 結局、ウクライナの抗議は認められず、逆にDスコアは当初の「8.550」から「8.500」に減点。この間、日本はロシア人のインナ・ビストロワ・コーチが選手それぞれに声をかけたり、肩を抱くなど、落ち着かせようと必死。選手たちはコーチの言葉に笑顔で応じ、努めて平静を装ったが、約5分間も待たされて演技を開始した日本は動揺を隠せなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る