森健兒氏 「Jリーグをつくった男 木之本興三君を悼む」

公開日:

 Jリーグをつくった男が逝った。8日に68歳の誕生日を迎えたばかり。2つの思いが交錯する。

「まだ早い。70にもなっていないじゃないか」

「よく頑張った。もう無理はするな。あの世でゆっくり過ごしてくれ」

 元Jリーグ専務理事の木之本興三君が15日、あの世へと旅立った。彼の人生はサッカーとともにあったが、それと同時に「病魔との壮絶な闘い」でもあった。

 古河電工のサッカー部(現J千葉)でプレーしていた26歳の時、難病に取りつかれて両腎臓を摘出。以来、週3回の人工透析が欠かせなくなった。

 私が三菱重工広報課長時代に日本サッカーリーグ(JSL)事務局をお手伝いしている時、古河サッカー部OBで日本サッカー協会の長沼健元会長から「病人だけど間違いなく仕事はできる」と推薦され、専従職員の事務長として迎え入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る