日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バルサのCLベスト8進出は絶望的…パリSG相手に歴史的大敗

 CL優勝候補のバルセロナ(スペイン)が、パリSG(フランス)を相手に歴史的な大敗を喫してしまった。メッシ、ネイマール、スアレスのバルサ自慢の強力アタッカー陣をフル出場させながら、0―4のスコアでボロ負けしたのである。

 序盤からパリSGが素早いプレスでバルサの攻撃を封じ、前半18分にMFディ・マリアがFKを決めて先制。同40分にはメッシからボールを奪ったパリSGがカウンターを仕掛け、MFドラクスラーが右足強力シュートで追加点を奪った。

 終わってみれば0―4のワンサイドゲーム。これでバルサは、地元での第2レグで「5点差以上で勝利」しないと準々決勝に進めなくなった。

 バルサのベスト8進出は絶望的と言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事