• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界選手権で銅の皆川 「エレガントさは世界一」と高評価

 日本勢42年ぶりのメダリストが華麗な演技を披露する。

 26日、2017イオンカップ世界新体操クラブ選手権大会(28日開幕・東京体育館)の出場選手が会見。今夏の世界選手権の種目別フープで3位、個人総合で5位に入った皆川夏穂(20=イオン)は「ダイナミックなジャンプやエレガントさで新体操の魅力を伝えたい」と凱旋試合に向けて意欲を見せた。

 皆川は中学卒業後、ロシアに渡って本場のコーチの下で練習を重ねてきた。休日には現地で行われているバレエやサーカスを生で見て、体の使い方などを研究しているという。山崎浩子強化本部長は日頃の地道な努力で演技に安定感が増したとし「エレガントさは世界一」と高く評価する。

 世界選手権での結果から、一躍、20年東京五輪でのメダル候補に浮上した皆川は「上に行くには安定感が必要。技の正確性を磨いてもっと上を目指したい」と貪欲な姿勢を見せている。

 身長170センチと上背では海外勢にも引けを取らない皆川は強豪ロシア勢にどこまで対抗できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る