世界選手権で銅の皆川 「エレガントさは世界一」と高評価

公開日:

 日本勢42年ぶりのメダリストが華麗な演技を披露する。

 26日、2017イオンカップ世界新体操クラブ選手権大会(28日開幕・東京体育館)の出場選手が会見。今夏の世界選手権の種目別フープで3位、個人総合で5位に入った皆川夏穂(20=イオン)は「ダイナミックなジャンプやエレガントさで新体操の魅力を伝えたい」と凱旋試合に向けて意欲を見せた。

 皆川は中学卒業後、ロシアに渡って本場のコーチの下で練習を重ねてきた。休日には現地で行われているバレエやサーカスを生で見て、体の使い方などを研究しているという。山崎浩子強化本部長は日頃の地道な努力で演技に安定感が増したとし「エレガントさは世界一」と高く評価する。

 世界選手権での結果から、一躍、20年東京五輪でのメダル候補に浮上した皆川は「上に行くには安定感が必要。技の正確性を磨いてもっと上を目指したい」と貪欲な姿勢を見せている。

 身長170センチと上背では海外勢にも引けを取らない皆川は強豪ロシア勢にどこまで対抗できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る