世界選手権で銅の皆川 「エレガントさは世界一」と高評価

公開日:

 日本勢42年ぶりのメダリストが華麗な演技を披露する。

 26日、2017イオンカップ世界新体操クラブ選手権大会(28日開幕・東京体育館)の出場選手が会見。今夏の世界選手権の種目別フープで3位、個人総合で5位に入った皆川夏穂(20=イオン)は「ダイナミックなジャンプやエレガントさで新体操の魅力を伝えたい」と凱旋試合に向けて意欲を見せた。

 皆川は中学卒業後、ロシアに渡って本場のコーチの下で練習を重ねてきた。休日には現地で行われているバレエやサーカスを生で見て、体の使い方などを研究しているという。山崎浩子強化本部長は日頃の地道な努力で演技に安定感が増したとし「エレガントさは世界一」と高く評価する。

 世界選手権での結果から、一躍、20年東京五輪でのメダル候補に浮上した皆川は「上に行くには安定感が必要。技の正確性を磨いてもっと上を目指したい」と貪欲な姿勢を見せている。

 身長170センチと上背では海外勢にも引けを取らない皆川は強豪ロシア勢にどこまで対抗できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る