「暗手」馳星周著

公開日:

 かつてノーヒットノーランを記録した日本プロ球界のヒーロー、加倉昭彦。しかし肩を故障し、台湾のプロ野球で再起を懸けるが八百長に手を染め、闇世界に沈んでいく……。あの「夜光虫」の加倉が、19年ぶりに復活する。

 過去を抹消した加倉は、今やイタリアに居を定め、当地の黒社会では、殺し以外なら何でも請け負う「暗手」という名で知られていた。

 彼に託された新たな仕事は、イタリアのセリエAのチーム、ロッコでゴールキーパーとして活躍している日本人の大森を八百長に巻き込むというもの。巧みに大森の信頼を得た暗手は、コールガールのミカを大森に近づけるが、大森は手もなく籠絡されてしまう。仕掛けは順調にいっていたが、大森の姉の綾がかつて心から愛した麗芬と似ていることがわかってから、暗手の計画は微妙に狂っていく……。

 舞台はイタリアだが、登場するのは、ほとんどが台湾や中国本土の黒社会の面々で、アジア色が濃厚。著者ならではのアジアン・ノワールが全開。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る