「暗手」馳星周著

公開日:

 かつてノーヒットノーランを記録した日本プロ球界のヒーロー、加倉昭彦。しかし肩を故障し、台湾のプロ野球で再起を懸けるが八百長に手を染め、闇世界に沈んでいく……。あの「夜光虫」の加倉が、19年ぶりに復活する。

 過去を抹消した加倉は、今やイタリアに居を定め、当地の黒社会では、殺し以外なら何でも請け負う「暗手」という名で知られていた。

 彼に託された新たな仕事は、イタリアのセリエAのチーム、ロッコでゴールキーパーとして活躍している日本人の大森を八百長に巻き込むというもの。巧みに大森の信頼を得た暗手は、コールガールのミカを大森に近づけるが、大森は手もなく籠絡されてしまう。仕掛けは順調にいっていたが、大森の姉の綾がかつて心から愛した麗芬と似ていることがわかってから、暗手の計画は微妙に狂っていく……。

 舞台はイタリアだが、登場するのは、ほとんどが台湾や中国本土の黒社会の面々で、アジア色が濃厚。著者ならではのアジアン・ノワールが全開。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る