自慢のスニーカーを奪われた少年が報復に…

公開日:  更新日:

「フッドムービー」という映画ジャンルがある。フッドは「ネイバーフッド」、つまりご近所の意味で、ここでは黒人近隣地区を舞台にした映画を指す。昨今、見どころのある黒人映画はこのフッドムービーかコメディーに多い。

 たとえば、いま都内公開中の「アンクル・ドリュー」はペプシコーラの米テレビCMから生まれたコメディー。設定はニューヨークの下町のバスケ大会に出場したジイさんチームが大暴れという、実は現役のNBAプロ選手が老人に扮装したジョークの産物だ。

 他方、今週末新たに封切りになるのが、育ち盛りの少年を主人公にしたシリアスな成長物語の「キックス」である。

 カリフォルニアの小さなフッドで育ったブランドンはお決まりの母子家庭の一人っ子。女の子のような整った顔立ちだが、フッドの基準はタフでないタイプはアウト。おまけに小柄でやせっぽちだから、ヘタレの友達とつるむほかない。それでもバイトの金をためて買った「エアジョーダン」のオリジナルモデル。この自慢の赤いスニーカーが彼の世界を一変させたと思ったとたん、通りすがりのチンピラに奪われる。報復を誓うブランドンは売人の叔父貴の家から拳銃を持ち出し……。

 主演はジャキング・ギロリーという14歳。劇中、「ウィル・スミスの息子」とからかわれる線の細いタイプだが、独特の緊張感が幼い殺気に変わる瞬間がいい。大人の目から見れば「たかがスニーカー」でも、彼らには魔術的なパワーを発揮する「キックス」(スニーカーをさす俗語)。

 川村由仁夜著「スニーカー文化論」(日本経済新聞出版社 1700円)はニューヨーク在住のファッション研究者によるスニーカーをめぐる故事と挿話の集成。M・ジョーダンが当時のNBAの規則を無視して赤と黒のスニーカーを履いてファンを増やした例などが豊富に紹介されている。 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る