「絶望読書」頭木弘樹著

公開日:

 20歳のときに難病を発症し、13年間の絶望生活を送った著者が、絶望期にこそ読書が必要なことを説いた読書の勧め。

 ちまたには絶望からどのように立ち直るか、または絶望した人を励ますような本はたくさんあるが、絶望している期間をどう過ごせばよいのかを教えてくれる本はなかったという。

 入院中にお見舞いに渡された本の中で、心にしみたのは絶望的な気持ちに寄り添ってくれるような本、つまり絶望的な内容の本だったという。その本をくれたのもやはり長期入院の経験がある人だった。絶望への共感が、実は絶望を癒やしてくれるのだという。

 太宰治の短編小説「待つ」など、絶望したときに寄り添ってくれる本や映画、ドラマを紹介しながら、絶望を生き延びる術を語る。

(河出書房新社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る