「火星に住むつもりです」村木風海著

公開日: 更新日:

 地球温暖化の原因となっている温室効果ガス。中でも二酸化炭素はとくに影響が懸念されており、世界中で排出量を減らす道が模索されている。

 しかし著者は、高校2年生のときに“空気中の二酸化炭素を除湿器のような装置で吸い取ってしまえばいいのではないか?”と考えた。本書では、自由で斬新な発想で二酸化炭素にアプローチし、独立系研究機関まで設立してしまった現役東大生化学者の研究成果と温暖化防止の展望を紹介している。

 ユニークなタイトルだが、これがまさに研究の原点であるという。小学4年生のときに祖父からもらったホーキング博士の冒険小説で“火星の夕日が青いらしい”ということを知り、人類で最初にその夕日を見る人間になると決意した。しかし、火星の大気は95%が二酸化炭素で占められており、これを何とかして火星に住めるようにしたいと考えたのだという。

 こうして著者は、高校生にして本当に二酸化炭素回収装置を完成させてしまう。その名も「ひやっしー」。アルカリ性の液体が二酸化炭素を吸い取る性質を利用し、空気が通るカートリッジの中にアルカリ性の液体を含むフィルターを搭載している。この装置は総務省の支援事業にも採択され、企業や家庭に貸し出すサービスも展開している。

 さらに著者は二酸化炭素を回収するだけでなく、スピルリナという藻の光合成を利用し、二酸化炭素を糖分に変えて発酵させることでエタノールを作ったり、廃油を混ぜて軽油の代替燃料とする計画まで進行させているから驚きだ。

 中身は最先端でも、見た目は“ゆるふわ”がモットーだという著者。大人にも子供にも分かりやすく、環境問題を考えるきっかけを与えてくれる。

(光文社 1650円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日