モデルで食の研究家・室谷真由美さん 腎盂腎炎からの教訓

公開日: 更新日:

 曲がりなりにも「ビューティーフード」と銘打って不調を招かないような食事を広めている講師なので、「食生活による自然治癒力で体を守ろう」という思いが強くありました。でも、それが強過ぎたなと反省しています。

「腎盂腎炎」になったのは、2015年の秋でした。その日は自ら主催したビューティーフードハロウィーンパーティーで、ホスト役として会を切り盛りしていました。当時は仕事が忙しくてイベントが続き、疲れは感じていました。普段は食いしん坊なのに1週間ぐらい前から食欲がなく、「おかしいな」と感じていたことも確かです。当日は腰回りに痛みがあり、熱っぽく、階段を上ると動悸や息切れもありました。でも、「貧血かな」くらいに考えていたのです。

 異変はお客さまがみなさんお帰りになった直後に起こりました。急に悪寒に襲われ、ガタガタと震え始めたんです。尋常ではない寒けで、立っていることもままならない状態だったので、スタッフにタクシーを呼んでもらって帰宅することに……。すでに夜10時を過ぎていました。

 ただ、あまりに震えがすごいので、帰宅の途中で「病院の方がいいかもしれない」と思い直し、そのまま自宅近くの病院へ向かったんです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変