著者のコラム一覧
青島周一勤務薬剤師/「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

小さいころの食習慣がその後の肥満リスクに影響する

公開日: 更新日:

 朝食を取らない食習慣は健康に良くないイメージがあると思います。実際、朝食を取らない人では、そうでない人に比べて心臓病による死亡リスクが高いという研究も報告されています。朝食を取らない人は肥満リスクの増加が知られており、それゆえ心臓病のリスクが高まるのかもしれません。

 しかし、未就学児童を対象とした研究は少なく、幼児期における朝食の摂取とその後の健康状態についてはあまりよく分かっていませんでした。そんな中、幼児期の朝食摂取と肥満との関連を調査した研究論文が、日本疫学会誌の電子版に7月11日付で掲載されました。

 この研究では、2001年に日本で出生した新生児のうち5万3575人が調査の対象となりました。2歳半における朝食の摂取状況が調査され、その後の過体重(肥満には該当しないものの、身長と比較して体重が多い状態)、もしくは肥満との関連性が検討されています。

 出生時の体重などで統計的に補正して、解析した結果、過体重もしくは肥満のリスクは、2歳半で朝食を取っていた小児と比較して、朝食を取っていない小児では、7歳時点において男児で21%、女児で24%、10歳時点において男児で22%、女児で19%、統計的にも有意に増加しました。ただし13歳の時点では、男児で38%の増加が認められた一方で、女児では明確な関連性は示されませんでした。

 朝食を取らないことが直接的に体重を増加させているというよりは、間食など不規則な食事による栄養バランスの偏りが肥満につながっているのかもしれません。特に男児では、その後の肥満リスクが一貫して増加しており、長期的な健康への悪影響が懸念されます。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路